deepブログ

Just another WordPress weblog

deepブログ header image 2

おせち料理に出てくるおかずの意味

2015年01月26日 · コメント(0) · 未分類

最近は正月になりましても、開いているスーパーなどのお店が増えてきまして、おせち料理を食べるよりも、普段と変わらない食事をする家庭も増えてきたりしておりますが、それでもおせちは日本の文化として毎年正月になりますと、家庭で食べるものとなっており、大晦日が近づくにつれ、おせちの販売競争は激しくなってきたりして、今ではスーパーやコンビニでも販売してくるようになりました。

そのおせち料理に出てくるそれぞれのおかずには色々と意味があるのです。黒豆の「まめ」には丈夫や健康を意味していたり、栗きんとんには豊かな1年であるようにと意味がこめられていたり、昆布巻きは健康長寿を得られると言う意味があったり、えびには腰が曲がるほど長生きできるようにと願いがこめられていたり、お多福豆には福を招くと言う意味がこめられていたりと、ほかにもそれぞれのおかずにはいろんな意味がこめられ、長生きや幸福を願う考えがあり、それが長年日本文化として伝えられているのです。
M字ハゲ

タグ :

コメント (0)

コメントはまだありません。

コメントする